» 2019 » 6月のブログ記事

こんにちは。

営業企画課スタッフの伊藤です。

 

6月に入り、もうすぐ梅雨の時期ですね~

梅雨が終われば、暑い夏がやってきます。

今年は、去年のような猛暑だけは避けたいですね!!

 

 

今回は、今月に新発売されたばかりのLIXILのテラスSCをご紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

◎コンセプト◎

 

リビングが広がる、軒の快適空間

リビングの快適な居心地と、やわらかい日差しに満たされる開放感。

家族が集い、憩う空間が広がると、毎日がより豊かで幸せに感じられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

日本家屋の特長である軒の良さを取り入れ、より快適で豊かな暮らしを実現。

フローリングと馴染む木目調デッキが、リビングとのつながりも自然に。

 

カフェでくつろいでいるような、上質で落ち着いたひととき。

ほのかな灯が、そこにいる人の心をやさしく満たしてくれる。

 

 

 

 

 

 

 

 

昼とはまた違う、くつろぎに満ちた時間がゆっくりと流れてゆく。

空間に広がりを感じさせるシンプルな構成で、自分らしい空間に。

 

 

◎特長◎

 

◆新構造の屋根で、シンプルに美しく。

屋根そのものを構造材とすることで、新しい発想のテラスが生まれました。

屋根部はすべてアルミを採用。強度を確保しながら、わずか40㎜という薄さも実現。「屋根」と「柱」だけのシンプルな構成は、どんな住宅にも美しく調和します。

 

 

◆雨樋は屋根・柱と一体に。

よりすっきりとした美しいテラスを目指して、雨樋を屋根・柱と一体に。

雨樋としての機能はそのままに、従来のテラスとは一線を画すノイズレスなフォルムを実現しました。

 

 

 

 

 

 

 

縦樋は柱と一体に。     横樋は屋根と一体に。

 

◆ネジやボルト、キャップもスマートに。

ネジやボルトといったパーツを屋根下から見えないように配慮し、コーナー部分のキャップも極小化。

ノイズを生まないデザインを細部まで追究しました。

 

 

 

 

 

 

◆外壁を傷つけない独立構造。

躯体にネジ止めしない独立構造により、住宅の外壁を傷つけることなく、

テラス屋根を設置することができます。

 

 

 

 

 

 

 

◆太陽の光をほどよく採り込む、心地よい空間。

夏は、高く強い日差しを遮ることで木かげのような空間に。

冬は、低く柔らかい光が奥まで差し込むことで明るい空間に。

 

 

 

 

 

 

◆夏の暑さをやわらげるアルミ屋根材。

屋根にアルミ材を採用することで、直射日光をしっかりとカット。

部屋の外側で日差しを遮るため、室内および屋根下の温度上昇を抑えます。

人工木デッキの表面温度は、屋根なしと比べ、最大約28℃抑制しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

屋根なし              テラスSC(アルミ屋根)

 

 

◎施工イメージ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長々とお付き合いしていただきまして、ありがとうございました。

今までにない新しいテラスのデザインです。

見た目もスッキリしていて、どんな住宅にも合います。

材質もアルミ材で、今までのポリカーボネート屋根よりもさらに直射日光をしっかりとカットしてくれます。

これからの猛暑に最適なテラスです。

 

リフォームをご検討、ご相談の方は、株式会社アフターホームズまで♪♪

お気軽にお問い合わせ下さい。

 

フリーダイヤル0120-770-272

新築・増改築・住宅リフォーム・店舗リフォームならおまかせ下さい。株式会社アフターホームズ